審査の甘い銀行おまとめローン一覧~金利が安い銀行におまとめ

おまとめローンのデメリット

おまとめローンのデメリットとしては、減額可能な借金がなくならないことが挙げられます。
これは一体どういうことなのかと疑問に感じる人もいるでしょうが、これから説明したいと思います。
まず、おまとめローンというのは、新たに借金をすることにより、残りの借金の返済に充当する形になるのが一般的です。
このとき、利息制限法による引き直し計算が行われることはありません。
グレーゾーン金利の借金を長期的に返済していた人の場合、この引き直し計算により借金の減額をしたり、過払い金返還請求を行いお金を取り返したりすることが可能なケースがあります。
おまとめローンを利用することにより、こうした機会を逃すことになりかねません。
もしかしたら返済する必要がない状態になっているかもしれないのに、新たに借金をすることにより返し続けるというのは、おかしな話だと思うでしょう。
なお、過払い金返還請求を行うこと自体は、借金を全部返し終えてからでも可能は可能です。
しかしながら、おまとめローンを利用した場合にも金利の支払いを行いますが、この分は過払い金返還請求の対象には含まれません。
返す必要がないお金を過払い金返還請求の対象外にすることにより、無駄に支払うという形になってしまうのです。
おまとめローンを利用する前には、自分の借金が本当に返済する必要がある状態なのか、しっかりと確認したいところです。
また、その可能性も含めて、債務整理の方法などと比較し、本当におまとめローンの選択が妥当なのか、法律の専門家に相談してみるのも良いでしょう。

ページトップへ